●練習出来なくても「練習レッスン」が有効です♪

年度が変わるこの時期は、部活や新生活が始まるなどの状況から、音楽教室をどうするかで、迷われる生徒さんや親御様が、いらっしゃいます。

音楽活動においては、状況に応じて、バランスを変え、長くご継続頂くことが肝要との視点から、しばまた音楽教室では、「練習レッスン」という方法をご提案しております。

楽器の上達については、スポーツとは少しことなり、強靭な筋力や体力を必要とするものではありませんので、人生の状況で様々なことがありながらも、好きで続けて5年10年と重ねることで、とても上手になっていくものです。

しかし、一度、機会を失ってしまいますと、きっかけを失って、気にはなっていても取り組みにくくなることがあります。

そういう意味では、色々なペースがありながらも、ご相談を頂きながら、気軽にレッスンを続けてくれることを、どの先生も望んでいらっしゃいます。

楽しい!好き!というお気持ちがあれば、忙しい時は、自宅で練習せずに、レッスン中にポイントを押さえて練習をする「練習レッスン」という方法があります。

音楽を習う機会を維持することで、とても上手になっていきますので、「練習レッスン」も、バランスをとった一つの方法であり、忙しい時期にはとても有効な手段です。

昔の習い事の様に、練習をしてこないと先生が怒ったり不機嫌になったり、ということは、しばまた音楽教室の先生の場合は、まったくございませんので、その点も、ご安心頂ければと思います。

新年度で生活が変わった皆様も、「練習レッスン」のような方法も含めて、新しい取り組み方をご検討いただけますとありがたいなと思っております。


コメント


認証コード6941

コメントは管理者の承認後に表示されます。